Property Management
建物・設備点検
建物・設備点検

ピカソの建物・設備点検

ピカソの建物・設備点検

経済性・機能保全を意図して、電気・空調・給排水、衛生、防災に関する設備を関係法規に照らして点検します。

消防法(消防法第17条の3の3)により消防用設備等を設置することが義務づけられている建物の関係者(所有者・管理者・占有者)は、設置した消防用設備等を定期的※に点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告するが義務があります。
※機器点検:6ヶ月に1回、総合点検:1年に1回。
結果報告:特定防火対象物は1年に1回。非特定防火対象物は3年に1回。

共用設備の点検

01共用設備の点検
  • 巡回点検:各設備の目視点検・異音の有無・駐輪場の整理
  • 給排水設備:給水ポンプ作動状況チェック 受水槽・高架水槽清掃
  • 消防設備点検:総合点検 機器点検
  • 電気設備:分電盤・照明器具の状況の点検 漏電の防止
  • エレベータ設備:遠隔監視 法定点検の実施
不良箇所の応急処置・復旧作業

02不良箇所の応急処置・復旧作業
  • 設備専門業の手配及び工事立会
  • 完了報告書の作成
防火管理者等補助

03防火管理者等補助
  • 消防署への消防計画の作成、補助
  • 消防署への消防点検結果報告書類の提出
機械監視

04機械監視
  • 警備会社と連携し、居住者の安全を24時間365日遠隔監視